徳島新聞「県内経済団体トップに聞く」


新たに発足した菅内閣について、県内経済界からはこれまで企業業績を上向かせた「アベノミクス」の継続などに期待の声が相次いだ一方、喫緊の課題となる新型コロナウイルス対策と経済活動の両立を期待する声や、女性活躍推進などを求める声が上がっていることが徳島新聞に掲載されました。

四究会からは企業の競争力強化や働き方改革につながるデジタル環境の充実について、島会長の談話が掲載されています。

これからのニューノーマル時代に適応するために、デジタルの力で実現可能な業務はデジタルに任せてるなど、新政府にはデジタル化を積極的に行うよう要望いたしました。


四究会(よんきゅうかい)は、平成15年12月より徳島県内の昭和49年度度生まれのメンバー中心となり創設し平成17年5月14日設立総会を開催し現在に至ります。2ヶ月に1度、例会を開催しています。

まだタグはありません。
  • Facebook Social Icon
Who we are
Search by Tags
Follow Us